株式会社設立,電子定款認証,契約書作成,フランチャイズ契約書,法定開示書面

フランチャイズビジネスのメリット・デメリットについて

 

フランチャイズとは、FC本部が開発した商売のノウハウとその商標等を提供し、加盟店は対価を支払ってその商売を行う関係のことをいいますが、では、FC本部と加盟店がフランチャイズビジネスに関わるメリット・デメリットについてはどのようなものがあるでしょうか?
FC本部側と加盟店側それぞれのメリット・デメリットをとして以下のようなものが挙げられます。

 

 

FC本部側のメリット・デメリット

<メリット>

 

直営店を出店するより出店コストを抑えることができる。
短期間で多店舗展開することが可能で、知名度も高まる。
スケールメリットを活かして、商材の安価な調達が可能となる。
加盟店から支払われるロイヤリティによって、比較的安定的な収益を確保できる。
加盟店が実施した優れた事例などを、他の店舗にフィードバックすることができる。

 

<デメリット>

 

直営店に比べると、加盟店1店舗あたりから得られる収益が少ない。
加盟店の指導をうまくやらないと、加盟店ごとのサービスレベルにばらつきが出やすくなる。
本部の指導に非協力的・反抗的な加盟店が出てくる可能性がある。
加盟店の事業が赤字続きの場合、FC本部のノウハウ欠如や指導不足等を理由に訴訟・トラブルになる可能性がある。
加盟店が不祥事を起こした場合、本部やその他の加盟店のイメージダウンに繋がる。

 

 

 

加盟店側のメリット・デメリット

<メリット>

 

経験やノウハウがなくても、本部のノウハウを利用して開業ができる。
知名度のあるロゴ・マーク等の商標を利用できる。
本部が過去に蓄積したノウハウに基づき事業を行なうので、自分で一から始める場合と比較して失敗する確率が低い。
本部が大量に仕入または生産することで、市価より安価で仕入れることが可能である。
開業物件の立地調査を本部に依頼できる。
大きな規模での広告や宣伝活動ができる。

 

<デメリット>

 

取扱商品や店舗運営方法など本部の指示や指導に従う必要がある。
ノウハウがない本部に加盟すると、ちゃんとした指導を受けることができない。
高額な加盟金やロイヤリティが経営を圧迫する場合がある。
ノウハウを得た後に自分で同種の事業を行おうとしても、契約終了後一定期間、本部は加盟店が類似の事業を行うことを契約で禁止する場合がある。

 


HOME 事務所概要 取扱業務 アクセス お問い合わせ 電子定款サイト 契約書サイト